京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

第54回定例会

昨日になりますが、近江理学療法勉強会の第54回定例会が開催されました。今回も60人近い参加者数で大盛況でしたね。

先ずは、syuyan先生がこの間の近畿学会で発表された演題を解り易く、丁寧に発表してくださいました。G-Hjtの拘縮をとることの重要性と外側上腕皮神経の疼痛の解釈について勉強になりました。

次に魔王仕入れ人先生が橈骨頭骨折と舟状骨骨折の症例検討をしてくださいました。手根骨の解剖や回内外の考え方、掌背屈の考え方など多くを学べる症例検討になったと思います。

そして、anzu先生による「肩関節軟部組織の癒着・滑走障害の診方、考え方」と題したレクチャーですが、とても2年目とは思えない、本質的な肩関節の考え方や機能解剖について解り易く説明してくださいました (^ー゜)b メモをとっている参加者の先生を待つゆとり、堂々とした実技、本当に2年目?? って疑いたくなるような素晴らしいレクチャーでした。末恐ろしいですね Σ( ̄ロ ̄lll)

今回の定例会もいい内容でした。今年の近江理学療法勉強会の定例会はこれで終了ですが、今年はウチの勉強会にとって本当に飛躍の年だったと思います。次々に若い先生方がレクチャーをしてくださり、新たな風を起こして下さいましたし、症例検討会も常に盛り上がり、いい意見が出る会になってきていると思います。5年間の積み重ねが実を結びつつあるのを実感できる1年となりました。

でも、今年の近江理学療法勉強会はまだ終わっていません。来週の土曜日(12/5)ですが、大阪のゲートタワービルを会場に筑波大学大学院整形外科教授の落合直之先生に「絞扼性神経障害の病態、診断と治療」と題して、設立5周年特別講演会をしていただきます。こちらも必ず勉強になると思います。Seddonの分類、絞扼性神経障害についてしっかり予習して、同僚・友人をお誘い合わせの上、是非参加なさってください。今から本当に楽しみです。

そして、今日の定例会終了後の夜会ですが、こちらも盛り上がりました。15人近くでの夜会となり、プチ症例検討会はもちろん、来年の近江理学療法勉強会の内容についてなど、珍しくOH!NO!とCOFFEE先生の下ネタが無い夜会でした(笑)

そして、来年の大まかな運営内容が決まりましたので、簡単にご報告しておきます。
まず、来年の定例会も今年同様、毎月第4週に行うこと、そして毎月のレクチャーの大凡の内容とレクチャーをして下さる先生も決まりました。

1月 股関節 syuyan先生
2月 肩関節 新婚の早崎先生
3月 膝OA   細見先生
4月 足関節 奥山先生
5月 特別講習会or膝関節 おもちゃの左足先生
6月 特別講習会or膝関節 おもちゃの左足先生
7月 宿泊研修伝達講習会 (前腕or肘関節) ケージー!先生orCOFFEE先生
8月 宿泊研修伝達講習会 (前腕or肘関節) ケージー!先生orCOFFEE先生
9月 肩関節orTKA      OH!NO!
10月 腰部 Real Rider先生
11月 頸部 デューク先生
12月 特別講演会(未定)

という感じです。もちろん月が変更になる可能性はあります(特別講習会や特別講演会の講師の先生の都合によって)が、年末の時点で、来年のスケジュールが埋まってしまうぐらい若い先生方が積極的に『レクチャーをします!!』と申し出てくださいました。いやぁ~これは凄いことです(°◇°;)

他の支部の先生方が羨ましがられている声が聞こえてきそうです~~~m(;--)m

この調子で来年も近江理学療法勉強会は盛り上がって行きたいと思います!!

さらに、定例会、特別講習会以外にも現在新たな企画をしていますので、乞うご期待!!

最後にケージー!先生の新車をご紹介します (@^▽^@)

やっぱ新車はいいですねぇ~ヾ(>▽<)ゞ

久しぶりの親会

3ヶ月ぶりに親会に参加しました。
今回は参加してラッキーでした(^O^)
なんといってもeight-man先生とスーパーランドナー先生の治療が目の前でみることが出来ましたからね〜!(b^ー°)
しっかり臨床に活かそうッと(^_^)v

動物慰霊式

今日は大学の動物慰霊式がありました。
理学療法の発展の為の研究とはいえ、ラットの命を奪った訳ですからね。犠牲になったラット達へ感謝の気持ちを込めて、厳粛な想いで参加しました。
OH!NO!が奪ったラットの命に報いる為にも、しっかりした内容の修士論文にしたいと思います。

北陸支部紀行③

ご馳走になった2日目昼食のお弁当
そして、2日目は午前中に実技、午後から2症例の症例検討と、実際にその患者さんを治療させていただきました。 と言っても、いつも臨床でOH!NO!がやっている、ありのままの姿を見て頂きました。汗をかき(;-_-;)、悩み(ー∇ー;)、考え( ̄~ ̄;)、ただひたすら一生懸命治療するって感じです。

1症例目は上腕骨近位端骨折3parts、locking plate、術後3ヶ月の患者さんでした。治療後、立位activeで屈曲角度が50°拡大できましたので、何とか面目躍如といったところでしょうか…へ(×_×;)へ

2症例目は大腿骨遠位端骨折、術後6ヶ月の患者さんで、外側膝蓋下組織に拘縮があり、痛みとpatella近くでのクリックがある患者さんでした。治療後しゃがみ込みではまだ痛みが残存しましたが、症例検討で上がっていた、クリック音を消すことができましたので、こちらも何とか面目躍如できた感じです。

何か特別なことをしたわけではありません。丁寧に所見を取り、問題点を抽出し、治療し、再評価する…。この当たり前のことをただやっただけですが、参加された先生方に何かが伝わればいいなぁ~と思いました。

講義終了後にBBSにも書きましたが、金澤烏鶏庵のの1日限定5個のシフォンケーキ、飴の俵屋のあめに、第7ギョーザのホワイトギョーザと、hiro先生ご実家の本場愛媛の甘~いみかんとポンジュースまで戴きました(;^_^ A


金澤烏鶏庵のシフォンケーキ
北陸支部の先生方にはホント、いろいろとお心遣いを頂いて、感謝しておりますm(_ _)m

金沢最高!!part3

北陸支部紀行②

美味しいものを食べて充電完了( ̄・・ ̄)!ということで、会場のおっとっと先生の勤務先の病院に到着です!いやぁ~何度来ても大きな病院です!

今回のレクチャーのコンセプトは『基本に忠実に』『理論はしっかりと』『治療はシンプルに』ということにこだわってみました。1日目は講義では、最近マイブームの上腕骨頭と肩甲骨臼蓋面のnormal trackingについてお話させて頂きました。もちろん、上腕骨の解剖や組織の修復過程、夜間痛、拘縮の病態など、基本的なお話がメインです。

講義の後は懇親会をしていただき、治部煮をご馳走になりました!!
こうして楽しく金沢の夜は更けて行ったのでした…。

金沢最高!!Part 2

北陸支部紀行①

先週末、11月7日・8日の2日間、整形外科リハビリテーション学会北陸支部の勉強会でレクチャーをさせて頂きに行ってきました(⌒ー⌒)

これで3年連続です。北陸支部の先生方、いつも温かくお招き戴きありがとうございますm(_ _)m
今回は『上腕骨近位端骨折の理学療法』についてお話させて頂きました。一人で行くのは寂しかったので、無理を言って新婚のsyuyan先生と一緒に行く事にしました。falcon-man先生ごめんなさい。

勉強会は15時からだったのですが、少し早く着いたので、今年も”近江町市場”へ行ってお昼ごはんを食べることにしました。この日はカニ漁が解禁された日だったらしく、すごい人でごった返していましたw(°o°)w

OH!NO!は甲殻類が苦手なので、マグロの漬け丼をイタダキマシタ!!
甘くて、脂がしっかりノッていて美味しかったです!

金沢最高!!