京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

第50回近畿理学療法学術大会に参加してきました


今年の近畿学会は和歌山県民文化会館で開催されました。

OH!NO!DXは昼前に会場に着きました。

会場の中をプラプラ歩いていると教え子くん達の何人かと久しぶりの再開。みんなわざわざ挨拶しに来てくれて、ありがとね。

OH!NO!DXも大学院でお世話になった教授が一般演題の座長をされていたので、ご挨拶をさせていただいたりして、学会に参加するとこういう楽しみもあったりします。

ところで、今回近江からはsyuyan先生、hari先生、ishi先生とOH!NO!DXが発表しました。教え子君のN君の発表もありました。みんなそれぞれに、いい発表でしたね。特にOH!NO!DXはN君の発表が素晴らしかったと思いました。教え子君の成長ぶりに感動しました。でも考察が…(笑)←内輪ネタで、すいませんm(_ _)m

syuyan先生

ishi先生

OH!NO!DXはOralで発表させてもらいました。OH!NO!DXが発表したホールは400人程のキャパの会場でしたが、300人位は居たように思います。近畿2府4県の理学療法士の数も多くなってきているんだなぁ~っていうのを肌で感じました。

発表が終わってから、みんなで和歌山グルメを堪能することに。

和歌山といえば…、そう、和歌山ラーメンです!豚骨醤油スープがたまりません。

でも、事前にリサーチしていなかったので、どこの店にするか迷い…、会場から近いということで、『京橋 幸太郎』へ行くことにしました。

スープは「こってり」と「あっさり」から選べます。OH!NO!DXは写真のこってりを注文しました。
 
「京橋 幸太郎」には、備長炭入りの黒い麺のラーメンもあります。

OH!NO!DXはこういうときに、なかなか冒険が出来ないので、普通の麺のラーメンを注文しましたが、「京橋 幸太郎」のラーメンは、「スタンダードな和歌山ラーメン」の味がして美味しかったです。麺も和歌山ラーメンらしく、細麺ストレートで、こってりスープを注文しましたが、しつこくなくて、サラっと食べられます。

教え子君たちの成長と和歌山ラーメンに感動した近畿学会でした。