京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

大腿骨近位部骨折に対する運動療法について講演しました May 22, 2015 @ HORSS〜姫路市勤労会館


姫路整形外科リハビリテーション&スポーツ研究会の今年度第1回目の定例会で「大腿骨近位部骨折に対する運動療法について」講演させて頂きました。

大腿骨近位部骨折は高齢者に多い骨折で、我々セラピストがよく遭遇する疾患の一つです。日本整形外科学会の大腿骨頸部骨折のガイドラインには85歳以上で、骨粗鬆症、認知症がある場合、受傷前の歩行能力の再獲得は困難であるとされています。〜「それは果たして真実なのか?」ということについて実際の症例を供覧しながらお話をさせて頂きました。

私の個人的な見解としては、85歳以上の高齢者で骨粗鬆症があった場合でも、骨接合が良好で、かつ関節面が受傷前と同等に整復されていれば、高度な認知症であっても人格の尖鋭化を伴わなければ、適切な運動療法を提供することで受傷前の歩行能力の獲得は可能であると考えています。

確かにガイドラインは多くのエビデンスを基に作成されているものですから、現実はガイドライン通りだと思います。ただし、そのエビデンスの元となった運動療法は果たして適切だったのか否かについては分かりません。

今回お話させて頂いた内容で一人でも多くの患者さんが受傷前の歩行能力を再獲得されれば、数年後のガイドラインは変化しているかもしれません。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX

解剖実習に参加してきました May 9-10, 2015 @ University of HAWAII JOHN A. BURNS SCHOOL OF MEDICINE


MITEK SPORTS MEDICINE事業部主催のCadaver Courseに当院の團野翼先生と参加してきました。

講師は東京医科歯科大学の望月智之先生(写真左)と二村昭元先生(写真右)でした。

両先生ともに肩と上肢に関する多くの英語論文を書かれているスーパードクターです。

今回の解剖実習では最新の解剖知見を実際の解剖を通じて目の前で直接両先生から教えて頂きました。

実際に解剖することで詳細な軟部組織の構造や組織間での繋がりを理解することが出来ます。

過去にも何度か解剖を行う機会がありましたが、今回の解剖では日本のトップランナーの先生方にご指導して頂いたということで大変勉強になりました。

今回学んだ解剖学的知見を基に、更に機能解剖を背景とした理学療法を発展させて行きたいと思います。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX

EPoch主催のセミナーで「股関節前部痛に対する解釈と運動療法について」講演しました April 29, 2015 @ 大阪


EPoch主催のセミナーで「股関節前部痛に対する解釈と運動療法について」講演しました。

関西を中心に多くの先生方が参加してくださいました。今回のセミナーではUp-to-dateした内容となるよう、実際の症例に対して行っている治療技術についても実技を含めてお話させて頂きました。

このようなセミナーを通じて、より多くの療法士の先生方に治療技術が伝達していければと思います。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX


整形外科リハビリテーション学会京滋支部京都会場 第98回定例会に参加しました April 25, 2015 @ 京都下鴨病院


京都下鴨病院において第98回整形外科リハビリテーション学会京滋支部定例会が開催され、参加しました。

宇治武田病院の戸田祐治先生が症例検討を、同じく宇治武田病院の藤原信吾先生が伏在神経と膝周囲の触診技術について講義くださいました。

症例検討を通じて各症例における病態解釈の仕方や評価の手順を学ぶことができます。セミナーでは学び得ないことが症例検討で学ぶことが出来ます。

整形外科リハビリテーション学会は特定の手技に捕らわれず、解剖学という医学における共通言語を通じて症状や病態を解釈し、理学療法のターゲットとなる軟部組織を同定し、運動療法を展開する学会です。

基本的な技術は解剖を理解し、しっかりと触るということです。

私自身、理学療法においてこれ以上も、これ以下もないと思っています。

興味がある療法士の先生方は是非ご参加ください。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX

船橋整形外科病院でRSAの手術見学をしてきました April 24, 2015 @ 船橋整形外科病院


船橋整形外科病院でRSAとARCRの手術見学をしてきました。当院の團野先生と行きましたが偶然、ツカザキ病院の柴原先生と金井先生とご一緒させて頂くことになりました。

菅谷啓之先生からお誘い頂き、クリニカル リサーチ ミーティングにも参加させて頂きました。最新の手術と最高の技術を目の当たりにして、自身のRSAに対する運動療法についても再考する機会となりました。また情熱あふれるミーティングに多くの刺激をいただき、研究に対するモチベーションもあがりました。

国際学会での発表と英語論文への投稿を目指して更に努力を続けようと思いました。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX

整形外科リハビリテーション学会特別講演会に参加しました April 18, 2015 @名古屋プライムセントラルタワー


船橋整形外科病院の菅谷啓之先生が腱板断裂に対する鏡視下手術とRSAについてご講演下さいました。

私が勤務する京都下鴨病院でも森大祐先生がRSA手術を始められ、私も何例か担当させて頂いていますので、大変興味深く聴講しました。

RSAに対する運動療法の考え方について菅谷先生と直接お話させて頂く事ができ、とても勉強になりました。また自身の治療方針や評価基準についての方向性も再確認することができ、大変充実した時間でした。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX

第1回HORSS特別講演会で「FAIの運動療法について」講演しました April 4, 2015 @ 兵庫県立姫路労働会館


HORSSの第1回特別講演会が開催されました。
産業医科大学若松病院の内田宗志先生、ツカザキ病院の柴原基先生が最新の股関節鏡視下手術についてとFAIの診断についてご講演されました。


僭越ながら私もFAIに対する運動療法の工夫について講演させて頂く機会を与えて頂きました。

常にUp-to-dateされる最新の股関節鏡視下手術について学ぶことが出来ました。私自身の理学療法も常に患者さんをより良く出来るよう、工夫と改善を続けていきたいと思います。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX

HORSS定例会で「Femoroacetabular Impingementに対する運動療法について」講演しました Mar 27, 2015 @ 姫路市勤労会館


月に一度、姫路市のツカザキ病院で臨床指導の後、姫路整形外科リハビリテーション&スポーツ研究会(HORSS)で講義をしています。

今回はFAIに対する運動療法についてお話をさせて頂きました。特に保存治療における理学療法の私のポイントを中心に約1時間講義をしました。

徐々に参加くださる方が増えて来ています。兵庫県西部の先生方は是非一緒に機能解剖に即した運動療法について考えましょう。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX


烏丸御池整形外科クリニックのホームページが出来ました


私が勤務している京都下鴨病院のクリニックが2015年4月より烏丸御池に開院しました。

ホームページが完成しましたのでご案内致します。

烏丸御池整形外科クリニック
http://www.shimogamo.jp/clinic/index.html


リハビリテーション室の設備等は私がセレクトしました。

場所も京都市営地下鉄「烏丸御池」駅より徒歩3分と京都市の中心に位置しています。

アスリートや学生さんのリハビリテーションにも対応すべく、マシンも多く導入しました。最新の設備と質の高いリハビリテーションが提供できる環境が整っています。

今秋以降は私も週に何回か勤務する予定です。

スポーツ障害や整形外科疾患でお困りの方は是非、京都下鴨病院と烏丸御池整形外科クリニックを受診なさってください。

京都下鴨病院


烏丸御池整形外科クリニック
(烏丸御池メディカルモール4階)

modified Harris Hip Scoreについて


ISHA 2015に向けて抄録を作成して休日を過ごしています。
が、少々疲れてきたので、現実逃避にブログを書いてみます。

今回はmodified Harris Hip Score(mHHS)について

modified Harris Hip ScoreはHarris Hip Scoreをmodifiedしたものです。
HHSの角度の部分を削除してより痛みと動作の項目を詳細にしています。

Modified Harris Hip Scoring System

Pain 

44 None/Ignores 
40 Slight, occasional, no compromise in activity 
30 Mild, no effect on ordinary activity, pain after usual activity, uses aspirin 
20 Moderate, tolerable, makes concessions, occasional codeine 
10 Marked, serious limitations 
0 Totally disabled 

Function : Gait , Limp

11 None  
8 Slight 
5 Moderate 
0 Severe 

: Support

11 None
7 Cane , longe walks
5 Crutch
2canes
0 2crutches
0 unable to walk

: Distance Walked

11 unlimited
8 6 blocks
5 2-3 blocks
2 indoors only
0 Bed and Chair


Functional Activities: Stairs
4 Normally
2 Normally with banister
1 Any method0 Not able

: Socks/ Shoes

4 with easy
2 with difficulty
0 Unable


: Sitting
5 Any Chair 1 hour
3 High chair, 1/2 hour
0 Unable to sit, 1/2 hour, any chair

: Public Transportation

1 able to enter public transportation
0 Unable to use public transportation

Total points x 1.1 
トータルで91点しかありませんから100点満点に換算するために1.1をかけて点数化します。


股関節の論文で、臨床成績の評価によく使用されています。
この他にもいくつかの評価方法があります。評価法は下記のURLからダウンロードできます。
http://www.isha.net/wp-content/themes/isha/pdfs/hip-arthroscopy-outcome-instruments.pdf#search='modified+harris+hip+score'